エアコン 移動 費用

エアコンの移動費用が安くなる簡単な方法は?

引越し エアコン 相場

引越し エアコン 安い

引越し エアコン 価格

引越し エアコン 料金

引越し エアコン 格安

 

エアコンは高価な家電なので、新居にも持って行きたい。
でも自分では取り外すことができないので、移設費用がどのくらいかかるのか気になるところですね。

 

この面倒なエアコンの移設、引越し業者が手配してくれるのをご存知ですか?

 

見積もりの際に、冷蔵庫や洗濯機などの家電と一緒に、エアコンも記載しておくと引越し料金を見積もりしてくれます。
さらに引越し費用を安くしたいなら、一括見積もりがおすすめです。

 

引越し エアコン

 

・エアコンを取り外すのにかかる費用は、5000円前後の所が多いです。

・エアコンの取り付けにかかる費用は、10000〜15000円と多少幅があります。

 

まず今お使いのエアコン、これだけの費用をかけて移設する価値があるかどうかを見極めましょう。
エアコンの寿命は約10年と言われます。
10年以上経過したエアコンは、せっかく移設してもいつ壊れるかわかりませんので、買い替えがオススメです。
新規に購入しなくてはいけないエアコンの料金は、引越し代を安くして出しましょう。

 

引越し一括見積もりサービスを利用すれば、1番安く引越しできる業者が一目瞭然です。
エアコンの移設も含めた引越し費用も簡単に見積もりが取れますので、ぜひご利用ください!

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引越し業者の繁忙期とは

 

引越し 繁忙期

 

引越し業者には繁忙期と呼ばれるものがあります。
繁忙期は3月前後のことを言います。
繁忙期は日本全国どこの引越し業者も本当に大忙しです。
のんびり引越しの準備をして気を逃すと、引越し業者が見つからないということがあり得る恐ろしい時期なんです。

 

しかも昨今の物流の大変化で大型トラックの運転手不足が大問題となっています。
下手をすると見積もりすらしてもらえないという時期です。

 

もし繁忙期に引越しすることになった方は、早く新居の物件を探して引越し業者に見積もりを取って、契約まで済ませておきましょう。

 

3月が繁忙期になる理由は、4月の新学期を前に新大学生や新社会人が寮に入ったりひとり暮らしをする、春の人事異動で転勤となったサラリーマンが引越しをするなど新学期を前に移動する人が多いからです。

 

引越し業者はスタッフを増員したり、残業をしたりするため、人件費がアップして引越し費用が高いのです。
もし繁忙期の引越しを避けられるのであれば、避けてくださいね。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しはすることが多くて大変ですから、簡単な手順を先に確認しておきましょう。

 

引越し業者への見積もり依頼ですが、新居の情報がないと料金が計算できないのです。
ですから引越し業者への見積は、新居が決まったらすぐというタイミングで見積もりを依頼しましょう。

 

荷造りは普段使わないものや、季節外れの洋服などからどんどんダンボールに詰めて、時間に余裕を持って行いましょう。
不要品は売る・あげる・捨てるなどして、引越し前に処分してくださいね。

 

引越しの2週間前から、市町村役場に転出届を出すことが出来ます。
これは市外へ引越しする場合に必要です。出し忘れると、手配がややこしくなりますのでお忘れなく。
ほかにも健康保険や年金、児童手当など役所関係の書類があればついでに出しましょう。

 

電気・ガス・水道は1〜2週間前に、各会社に引越しの旨を伝えて精算の手配を。
ガスは引越し当日に立会いで大元の元栓を締める作業が必要な場合もあります。

 

郵便物が届かなくなると困りますね。
郵便物の引越しは最寄りの郵便局で転居届を出せば1年間だけ新居に転送してくれます。
その間に知り合いや必要なところに引越しした連絡をしましょう。

 

さていよいよ引越しですが、自分で運ばなければならない荷物がいくつかあります。
貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものは自分で運びましょう。
家具の配置はあらかじめ決めて引越しスタッフに配置表を渡しておくと、当日の作業がスムーズです。

 

引越しが終わったら2週間以内に市町村役場で「転居届(市内引越しの場合)か転入届(市外引越しの場合)を提出します。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険会社、銀行やクレジットカードなどの住所変更をしましょう。
これらはうっかりして忘れていると大事なお知らせが届かなかったり、サービスが受けられなくなったりするのでお気を付けて。

 

 

引越しのオプションとは?

 

引越し オプション

 

引越し業者には有料のオプションサービスというのがあります。
どんなサービスがあるのか知っていますか?

 

・エアコンの取外・取付
・消毒・殺虫サービス
・ハウスクリーニング
・新聞の手配
・御挨拶品の準備
・ピアノの輸送
・ピアノの調律
・特殊品の輸送
・バイクや車の陸送サービス
・ペットの輸送
・盗聴器の発見サービス
・造園サービス
・荷物の一時預かり
・ハウスリフォーム
・ネット申し込み
・耐震グッズ施行
・資材回収
・不用品の処分

 

引越し業者の行うオプションサービスは、会社によって違います。
使いたいサービスがあるなら、契約をする前にそのサービスが存在するか確認しましょう。

 

エアコンの移設を自分で手配すると、引越し前に取り外して引越し後に取り付けを依頼しなければなりません。
何度も連絡しなければならないので、とても面倒です。

 

しかしオプションで「エアコンの移設」をお願いしておけば、引越し業者が代理でやってくれるので便利です。

 

ほかにも長距離の運転が苦手な方には車の陸送サービスが便利です。
車の運転が得意な人ばかりではないのです。長距離運転になるのであればならなおさらです。

 

忙しくて時間がない人もいれば、高速道路が怖いという人もいます。小さな子がいるご家庭もあるでしょう。

 

ピアノは実はどこの引越し業者でも運ぶことができるものではないのです。
ピアノを運びたい方はオプションで依頼しておきましょう。

 

今どきなのが盗聴器を探すオプションを行っているところもあるそうです。
どんなサービスが必要なのかも業者を決める目安になりますね。

 

 

引越し見積もりを使ってエアコンの移設も安くしよう

 

引越しの見積もりで、引越し料金を下げる方法

料金比較

引越しにはお金がかかります。
安ければ良い!とは言いませんが、やっぱり安い方が嬉しいですね。
でもどのくらいかかるのかは、引越し業者に見積もりを取るまでわかりませんからドキドキします。
自分が思っていた料金よりはるかに高かったらどうしよう?
そんな心配もあるので見積もりを取るのは億劫ですが、引越し日が決まっているなら早めに見積もりを取ることをおすすめします

 

引越し業者も、どの日に予約が多いかなんてハッキリはわかりません。
最初の方に予約した人には割引ができますが、後の方に予約した人には割引が難しくなる可能性があります。
同じ日に何件も引越しが重なってしまったら、スタッフは残業になりますし場合によっては人数を増やさねばなりません。
ですから引越し日が決まったら速やかに見積もりを取ることにより、引越し料金が安くなる可能性があります。
さらにもっと安くしたいのであれば、1社だけでなく何社かから見積もりを取りましょう。

 

見積もりが1社だけですと、その料金が安いのか高いのか判断できません。
それに「A社の方が安い」と言えば、他の引越し業者には断りやすいですし、場合によっては「A社さんより安くします!」という業者も現れます。
引越し料金を下げるには他社との競争が有効です。

 

何社にも電話して見積もりを取るのは面倒。
そんな方は「引越し業者一括見積もりサイト」が便利です。

 

>>引っ越し料金の一括見積もりはこちら<<

 

 

引越し業者 損しない 引越し 経費 自動車保険 通販 おすすめ 自動車保険 車両保険 格安 自動車保険 安い 月払い